日々の暮らしに定着するスマホアプリ

現在は複数のスマホアプリが日常生活に定着していると考えられており、多くの人が実際に利用しているとみられています。

膨大な数のアプリが見受けられるようになり始めているため、人によって日常生活に浸透するアプリのタイプにも、差異が見受けられるようになりつつあるのではないかと考えられています。

シーンによってスマホアプリを適宜使い分けることもあるため、日常的に活用されるスマホアプリへの関心が向上しています。
スマートフォンを使用している人にとっては、一連のスマホアプリを的確に活用していくことは重要なものとして捉えられています。

そのため、様々なアプリをダウンロードし、その中から日常的に活用するものも次々に出てきていると言えるのではないでしょうか。

今後は日常生活の一部分に浸透していくスマホアプリが、より多くの種類存在するようになっていくのではないかと思います。

新たなアプリの開発時にも、日常的に活用されるアプリが参考とされるとみられています。

【PR】アイドルうぉーずZ|スマホで遊べるエロゲームを無料登録

多彩な目的に活用されるスマホアプリ

近年では、スマホアプリが多岐にわたる目的に利用されるようになってきており、各々が便利に利用する傾向が強く確認されていると言えるのではないでしょうか。

非常に多くのバリエーションのスマホ用アプリが配信されるようになってきており、このような動向が活発に確認されてきていると推測されています。

アプリによっては使い方次第で非常に便利になることもあるとみられていることから、多目的に利用されることを後押ししていると考えられています。
現在では多くの人がスマートフォンを持ち歩くようになってきつつあるため、アプリを選択して利用する状況が普遍的に確認されています。

様々な目的にアプリが利用される状況もスタンダードになってきていると考えられており、年代を問わず関心の度合いが強い傾向にあると言えるでしょう。

今後も多くのスマートフォンが、様々な目的に活用されていくと考えられているため、利用頻度も次第に高くなるのではないでしょうか。

マジこれ-マジックミラー号これくしょん あの動画をゲームでプレイ

知っておきたいゲームアプリの種類

スマホでゲームを始める場合、このゲームをやりたいと思うときは、いろんな情報をイロイロなところで手に入れていると思います。

テレビのCMや雑誌、ネット上、メールのDMなどでしょうか。

その際に、知っておきたいゲームアプリの種類があります。

それは、iphone用なのかアンドロイド用なのか、ブラウザゲームなのかです。

iphone用のアプリの場合はiphone用なので、アンドロイド端末では遊ぶことが出来ません。

アンドロイド用のアプリの場合は、その反対でiphone端末では遊ぶことが出来ません。

同じスマホなのにiphone用とアンドロイド用と違いがある理由は、機械を動かすためのプログラミングが違うためです。

iphoneのプログラミングで正常に動くように作成されたアプリがiphone用であり、アンドロイドのプログラミングで正常に動くように作成されたアプリがアンドロイド用です。

iphone用のアプリはituneで、アンドロイド用のアプリはgoogleplayで入手できます。

ituneとgoogleplayは公式サイトであり、このサイト以外で入手したアプリについてはiphoneメーカーのアップル社もアンドロイドメーカーのgoogleも保証をしていません。

なので、その非公式サイトで入手したアプリで万が一犯罪に巻き込まれたり、トラブルが発生したとしても何も保証をしてくれません。

ですので、ゲームアプリを入手する場合には必ず公式サイトから入手するようにしましょう。

ゲームアプリ以外にブラウザゲームというゲームもあります。

このゲームは端末ではなく、ゲームメーカーの機械の中で動くゲームなので、iphoneやアンドロイドどちらでも遊ぶことができます。

ただし、ブラウザゲームはネット上で常に接続している状態なのでパケット使用量がかなり増えます。

ですが、フルボイスや動きも早く、ストーリー性も作りこまれているのでゲーム性はアプリよりも高いゲームが多いのもメリットの一つと言えます。

詐欺などに合わないようにするためにも、こちらもかならず大手公式サイトから登録しましょう。

18歳以上対象のゲームのほとんどがブラウザゲームです。

今人気のDMM.R18のスマホ対応姫神PROJECT R(旧ラグナリーブレイブ)などがおすすめです。

スマホゲームを始める前に~セキュリティについて2

スマホゲームを始める前にやっておきたい、セキュリティ対策ですが、ロック以外にも気をつけたいことがあります。

それが、ネットを使用したデータ流出対策です。

データの流出などで気をつけたいのが、野良WIFIとメールのフィッシング詐欺です。

野良WIFIというのは、電話会社や信頼のおける施設が設けている公式の無料WIFIエリアではなく、非公式の無料WIFIエリアのことです。

野良WIFIはスマホにある自動接続機能を悪用し、接続してきたスマホにアプリやウィルスを送り込みデータを抜き取ったり、盗聴や盗撮、居場所の監視などをしたりするのです。

パケットについてお話した際にも触れましたが、WIFIへの自動接続機能は使用せず、必ず信頼の置けるWIFIエリアだけを使用するようにしましょう。

また、スマホ用のセキュリティソフトが市販されていますので、セキュリティソフトを入れるのもおすすめです。

また、メールのフィッシング詐欺にも気をつけましょう。

見ず知らずのメールは開かない。

メール内容に発信元の詳細記載がないメールのURLは決して開かないのが鉄則です。

銀行名を名乗るフィッシング詐欺メールが横行しています。

もし、明らかに自分の使用している銀行からと思われるものであったとしても、メールに記載されているURLからのアクセスは厳禁です。

本当の銀行は詐欺メールとの区別するため、メールにURLの記載をすることはほぼありません。

パスワード変更をお願いする内容+URLが貼ってある場合は100%詐欺と考えて間違いありません。

 

スマホゲームを始める前に~セキュリティについて1

スマホゲームを始める前にやっておきたいことが、パケットのほかにもあります。

それが、セキュリティ対策です。

スマホゲームを始めると、クレジットカードの登録なども行いますので、盗難だけではなく、ネット上でのデータの流出などにも注意が必要です。

また、ゲームアプリをインストールしたつもりがそのアプリを通して、データの流出だけでなく、盗聴や盗撮、居場所の監視などいろいろな被害が出ています。

そういった被害を未然に防ぐためにもセキュリティ対策をしておきましょう。

PCなどのセキュリティにはウィルス対策ソフトなどを入れて対策しているのに、ことスマホになるとセキュリティに疎くなる傾向にあるようですので、十分気をつけましょう。

盗難や紛失防止策にはロック機能の活用です。

パスワードや指紋認証などのロック機能は必ず使用します。他人に知られやすい生年月日や車や電話の番号などはかなり弱い番号ですので、使用しないようにします。

紛失に気づいたら、すぐに対応したいのが、PCから設定できることは全て使用できないように設定してしまいましょう。

ituneやgoogleplayなどのアカウントはパスワードを変更した上で、さらに使用できないように停止してしまいます。

他にも、電話会社への紛失連絡、クレジットカード会社への連絡、警察への紛失届も必要ですので、最低でも電話会社とクレジットカードへの連絡先は手帳などに控えて持ち歩くようにします。

現在ではPCで、自分のスマホがどこにあるのかを探せる機能もありますので、設定しておくのもおすすめです。

♥ マンションうぉーず!DMMのスマホの秀逸エロゲーを無料登録

スマホゲームを始める前に~パケットについて

スマホゲームを始める前にやっておきたいことがあります。

それはパケット通信料金を抑える設定です。

スマホゲームを始めると、アプリやゲームの種類によってはパケット通信量が大幅に増えますので、パケット通信量を節約しておかないと電話会社から高額な請求を受けたりすることもありえます。

 

パケット通信料金を抑えるためには、まずはパケット定額の契約になっているかどうかの確認は必須です。

スマホにしたときに、すでにパケット定額にはされていることと思いますが、念の為確認は必要です。

さらに、ゲームを始めると、上限を最低基準にしていると、あっというまにパケット使用量の上限を超えてしまい、低速モードになってしまうことがあります。

低速モードになってしまうと、ゲームどころかネットの閲覧やメールの送受信すらままならない状態になってしまいます。

いつもどのくらいパケットを使用しているのかを確認し、いつも上限ギリギリの状態であるなら、上限を1つ上にする必要があるかもしれません。

電話会社に一度、安いプランなどがないか相談してみるのをオススメします。

続いて、WIFIの設定です。

自宅にひかり回線などをひいているときは、WIFI環境を作りましょう。

無線LANの機器はネットや電機量販店などで3000円~購入することができます。

ルーターへの取り付け方法も特に難しくなく、LANケーブルでつなぐだけです。

スマホとWIFIをつなぐ方法もご紹介します。

ルーターのIDとパスワードの確認方法はルーターの取扱説明書などに記載がありますので、IDとパスワードをメモします。

スマホのWIFI設定画面を表示すると、設定できるWIFIのIDが表示されますので、メモしたIDをタップし、メモしたパスワードを入力すると、そのWIFIを設定できます。

スマホには接続可能なWIFIのエリアに入ると自動的にWIFI接続する設定もありますが、セキュリティ上オススメできません。

ちょっと面倒ではありますが、自分が信頼できるWIFI環境でのみ接続するようにしましょう。